本文へスキップ

これだけは持っておきたい家電まとめ

最低限これだけは持っておきたい家電について


 私は結婚し、主人と二人でアパートで暮らし始めた新米奥さんです。
 結婚すると、やはり色々家電や家具を揃えていかないといけません。

 何をどのように買ったらいいのか、私も今回、ネットなどを随分調べ、
 また実際に家電を選んで、分かったこともたくさんありました。

そこでこのサイトで、「これだけは持っておきたい」という家電をまとめてみました。
これから結婚しようと思っている人の、参考になったら嬉しいです。

一般的に必要となってくる家電とその値段


まず新生活を始めるために、一般的に必要とされる家電と、その大まかな値段をあげてみました。
値段はもちろん、機種によって違うわけですが、大まかな参考にしてもらえればと思います。

  • テレビ 5万円
  • ・冷蔵庫 15万円
  • ・全自動洗濯機 6万円
  • ・FAX付き電話 4万円
  • ・掃除機 2万円
  • ・電子レンジ 3万円
  • ・エアコン 7万円
  • ・炊飯器 2万円
  • ・パソコン 15万円
  • ・照明(5個) 10万円
  • ・調理器具 3万円

家電を購入する際の注意点

家電は、結婚前にお互いが一人暮らしをしている時に、使っていたものもあると思うんですね。
もしそういうものがある場合は、言うまでもないことですけど、それを使うのがオススメです。

とりあえず使えるものがあるならば、それを買い換える必要はないわけですよね。
それに家電は、後になるほど性能がいいものが出てきますから、今使えるのがあるならば、壊れるまでそれを使い、
あとで買ったほうが、結局いいものが買えることになる訳です。

冷蔵庫は右開きと左開きをきちんと確認する

冷蔵庫を買う時には、扉の開き方が、右開きと左開きの2種類があるんですね。
これは、右利きだから右開きを選ぶ、などということではありません。
キッチンの配置によって、きちんと選ばないといけないんですね。

たとえば冷蔵庫が、キッチンの右側にあったとしますよね。
そうすると、冷蔵庫から取り出したものをすぐにキッチンに置くためには、右開きのほうが使いやすいことになります。
キッチンの左側に冷蔵庫があるのなら、左開きが便利ですよね。

このように、冷蔵庫がキッチンのどこにあるかによって、きちんと右開きと左開きを選ばないといけないんですね。


照明は安いのでいい

照明って、凝りだすとけっこう高いのがあるんですね。
リビングにはシャンデリアを置きたいとか、あれこれ考えてしまいます。

でも照明って、意外によく見たりはしないことないですか?
だいたい上にあるし、眩しいから、お客さんでも、そんなに近づいて見たりはしないはずです。

ですからもちろん、ある程度は、きちんとしたデザインのものを買う必要はありますが、
別に安物でも構わないと思います。
耐久性も、安いからといって悪いわけではないそうです。

ましてや寝室なんか、普段はそんなにいませんし、電気だってそんなにつけません。
ですから照明器具にはお金をかけず、その分、別のところにお金をかけるようにするのがいいと思います。


季節物はその時に購入

家電を買うのは、出来るだけ後にするのがオススメです。
特に結婚して、もしそれが秋〜冬なら、エアコンは、夏になって実際に使うまで、待ったほうがいいと思います。

「いや冬でもエアコンは使うでしょう」
という人もいるかもしれませんが、エアコンで暖房を使うと、電気代が半端ありません。
冬場はファンヒーターを使うのがいいですね。

それに、早めにエアコンを買ってしまうと、いざエアコンを使おうという夏になり、
新しい機種が出て、自分たちが買ったものが大安売りしていることも、よくあるそうです。
家電は必要な時に買う、これは鉄則だと思います。